粉薬が苦手…。我が家のオススメの飲み方を紹介♪

子育て

こんにちは、ひーママです!

今冬なのですが、インフルエンザ以にも、色々感染症が流行る時期なので、子供が体調を崩して薬を飲む機が増えたりします。

看病も大変ですが、薬を飲ますのに苦戦するママも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、我が家で薬を飲ませるときの方法などを紹介します!

スポンサーリンク

【我が家の粉薬の飲ませ方】

好きなジュースに混ぜる

一番最初に試みたのはこの方法です。

好きなジュースなら何でもいいわけではなく、味が濃くて処方された粉薬と相性がいい飲みものにしなければいけません。

我が家では、通常の粉薬はヤクルトに混ぜてました。

抗生剤など、苦味が強い粉薬はココアに混ぜましたよ(^^)

あまり飲みものの量が多いと飲みきれないし、少ないと薬の味がしてダメなので気をつけましょう!

アイスに混ぜる

こちらもおススメの方法☆

冷たいものに混ぜると、苦味など感じづらくなるらしいので、薬剤師さんなどにも勧められる方法ですね。

ただウチの子は敏感なので、アイスが半分くらい溶けてきたら粉薬を混ぜ混ぜして、再冷凍して飲ませました。(食べさせました)

こちらもアイスの量には注意です(^^;)

チョコレートに混ぜる

年齢が上がるにつれ、粉薬の量も多くなりますよね。

我が家は3歳過ぎくらいからジュースでもアイスでもバレてしまい、飲んでくれなくなりました(泣)

最終手段はチョコレートでした。

あまりチョコレートを沢山与えるのには抵抗があったのですが、薬を飲まないよりマシだろうと思い、チョコレートに混ぜて飲ませることを決意!

でも、ホントは半分くらい溶かしたチョコレートに混ぜて飲ませちゃえばいいんですけど、それだと嫌がってしまったので、チョコレートに混ぜたら冷蔵庫でカチカチに固めました。

薬入り固形チョコの完成♪

ただ薬によっては冷やすとダメなものもあるそうなので、薬剤師さんなどに確認必須です!

【現在の薬の飲ませ方は?】

長男もそうでしたが、次男も粉薬が大の苦手で、今までさんざん苦労してきました。

上記の方法で飲ませてきましたが、どうしてもバレてしまったり、そのうち嫌がるようになるんですよね(/ _ ; )

あとは粉薬の量が多くなってきて、ごまかしも大変。

なので我が家は、5歳でなおかつ体重が20キロ以上になれば錠剤が処方出来るということで、5歳になったら錠剤に切り替えました!!

ただ、たまたま風邪っぽいときや熱がある時に、小さな錠剤から試していき、大丈夫そうだったから錠剤を処方してもらうようになりました。

錠剤は無理矢理飲ませようとすると喉につっかえてしまう危険もあります。

1度つっかえてしまうと、恐怖心ができてしまうので気をつけて下さいね。 

【意外な落とし穴】

我が家は毎年長男がインフルエンザをもらって帰ってきますが、今年は次男が生まれて初めてインフルエンザにかかりました(泣)

幸いひどくならず家族にも移らず済みましたが、病院に行って薬を処方してもらおうとした時に困ったのがタミフル…。

タミフルは粉薬しかないことでした!

せっかく錠剤が飲めるようになってもタミフルは粉しかないと聞き、特別先生と仲がいいわけでもないのに「ええ!困ります〜」と言ってしまいました…(^^;)

そこで先生が提案してくれたのが、空カプセルがドラッグストアなどで売っているからそれで飲ませてみるのもありだと思うよ、との提案でした。

そんなものがあるのかと私は初めて知ったので、早速ドラッグストアに行き見てみると本当に空のカプセルが売っていたんですよね(*´∇`*)

粉薬が飲めない時って、大人でもオブラートに包んで飲んだりするかと思いますが、オブラートだと子供だと大きくなってしまったりして飲みづらいと思うんです。

以前に処方された薬でカプセルがあり飲めたので、これだったら次男でも大丈夫だろうと思い、早速買って自宅に帰りタミフルを詰めてみました。

結果は買って正解♪

タミフルを全部飲みきることができました!

ただ1番最初に問題が起きたんですが、粉薬の量が意外と多く、1回分のタミフルがカプセル4個になってしまったんですよね…。

さすがに錠剤が飲める次男でもインフルエンザで参っている状態でこの量を見たときは

「飲めないよ」

と、泣いてしまいました(><)

でも、さすが5歳。

何とか説得させて4つのカプセルを飲むことが出来ました(^^)

私が買ったドラッグストアには2種類の大きさのカプセルしか売っていませんでしたが、ネットでは様々なサイズが販売されています♪

もし錠剤やカプセルが飲めるなら、もしもの時のために買っておくことをオススメします☆

【まとめ】

いかがしょうか?

ふつうに粉薬を練って水で飲めるなら、その方が理想的なんですが、我が子は無理なんですよね(><)

なので上記のように飲ませています。

同じような境遇の方がいたら、ぜひ試してみてくださいね(^^)