5歳の反抗期にイライラしてしまうときの対処方法

子育て

子どもって5歳くらいになるとしっかり会話もでき、自分で何でもやりたがる年齢ですね。

しかしその反面、暴言を吐いたり親に向かって叩いて来たりします。

いくら可愛い我が子だとしても、あまりにひどい態度だとお母さんもイライラすると思います。

親もムキになってしまうと悪循環になりかねません。

本記事では5歳の反抗期でイライラしてしまう場合の対処方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

5歳の反抗期とは

5歳の反抗期ってあまり聞かないですよね。

反抗期は、

  • 魔の2歳と言われる反抗期
  • 思春期の頃の反抗期

がよく知られているかと思いますが実は5歳にも反抗期があります。

5歳は自我が芽生えてきた2歳の頃より自分で出来ることが増え、家族や周りの人たちの期待に応えようとします。

保育園や幼稚園では自分より小さい子達が増え面倒を見る場面も多々あり、自分はお兄ちゃん、お姉ちゃんなんだと自覚します。

しかし、態度や言葉がしっかりしてもまだ5歳。

まだまだお母さんや他の大人になどに甘えたい年齢ですよね。

 

何でも自分でやりたいけど、甘えたい気持ちもあるためバランスを取ることが難しい。

そのためお母さんなどに暴言や態度で反抗してしまいます。

 

5歳の反抗期の特徴

5歳の反抗期の特徴は、保育園や幼稚園に通っていることで言葉数が増え、男女共に口が達者になってきています。

そのため、

「わかってるよ!」
「今やろうとした!」
「だってさ〜!」

など、大人でもカチンとくるようなことばかり言うようになります。

「バカ!」

「うるさいなー!」

「ママ(パパ)大嫌いだよ!」

という暴言も吐くようになります。

他にも物を投げながら怒ってきたり、聞こえているのに知らんふりをしたりと、態度や行動で示すようになります。

今まではお母さんから言われたことを素直に聞いていたとしても、5歳になると自分中心になるせいか気に入らないことがあると上記のような言動になるため、悩んでしまうお母さんが多いです。

 

反抗期の対処方法

まず暴言や暴力的なことをしてきた時に、親は感情的に“怒る”のではなく“叱る”ようにしましょう。

怒るのは自分の感情に任せて怒鳴ってしまったりすることですが、叱るはなぜしてはいけないのか、悪いのかを説明することです。

 

これがなかなか難しいことだったりしますが、感情的に怒鳴っても子どもが反抗するだけ。

5歳ならきちんと落ち着いた口調で説明すれば、なぜいけなかったのか理解でき受け入れやすくなります。

 

そして叱ることも大事ですが、まずは子どもの気持ちを受け止めてあげましょう。

子どもだって何か理由があって反抗的になっています。

いくら口が達者になったとはいえ、まだ自分の考えていることを上手く伝えられなかったりもします。

 

そうなるとイライラして暴言や暴力的なことをしてくるので、その際はその行動を一度受け入れてあげてくださ い。

子どもは共感してあげることで自分のことを分かってもらえたと安心することができます。

もし間違ったことをしていた場合には、反抗を受け入れ落ち着いたら注意をするようにしましょう。

 

反抗期の時期は親も子どももイライラしがちです。

そんな時だからこそ、「大好きだよ!」と言いながらギュッと抱きしめてあげてください。

 

子どももイライラして反抗しているだけ。 本当は悪いことしちゃったなと思っていたりします。

親が抱きしめてあげることで安心し素直になったりします。

ただイライラ真っ最中だと逆効果だったりするときもあるので、気をつけてくださいね。

5歳の反抗期は成長の証

5歳の反抗期の特徴と対処方法をまとめました。

ただでさえ大変な子育てなのに、反抗期が加わるとつい感情的になりがちです。

でも反抗期があるということは成長している証拠です。

今すぐには難しいかもしれませんが、なるべく親は落ち着いた口調で叱るようにして子どもの行動を受け入れることで、 反抗的な言動も減っていきます。

大らかな気持ちで5歳と向き合ってみましょう!